肌によいメニューは和食

どんなに毎日スキンケアをしていても、肌が荒れてしまう、ニキビの治療をしているのになかなか治らない、そんなとき、見直してみるべきは食事。肌は日々の食べ物にも影響してきます。肌のトラブルは食事だけで改善することはありませんが、予防にもなりますし、治りを早くしてくれるのに役立ちます。

肌によいと言われているのはビタミンAβカロテン)です。抗酸化物質が多く含まれているので、肌の老化や肌荒れの原因となる活性酸素を取り除いてくれます。ほうれん草や、ニンジンなどの緑黄色野菜を進んで食べましょう。

野菜をたっぷりとるには、そのまま食べるより、温野菜、つまり茹でたほうが効率的です。サラダより、煮物やおひたしなどの和食のメニューのほうが多くとれるでしょう。

もともと、日本人の肌はきめが細かく、老化も遅いといわれていたそうです。和食のおかげとも言われています。

時代が進むにつれて、日本人にも、脂漏性皮膚炎という肌荒れが増えるようになりました。もともとは欧米でよく見られていた症状で、鼻のまわりが赤くなったりする皮膚炎です。

洋食メニューは、パスタやパンがメインであり、野菜はサラダが中心です。これでは、ビタミンが不足していますし、油が多いので、肌荒れや肥満の原因ともなりかねません。

和食の定番、ごはんに、みそ汁、焼き魚におひたし、野菜の煮物、などのメニューは、栄養のバランスも抜群です。大豆製品やミネラル豊富な海藻類、キノコ類などが含まれています。油が控えめで、動物性脂肪や油脂が少ないので、ニキビができにくくなります。

外食する際にも、一汁三菜の和定食にするなど、気軽に取り入れられる習慣なので、意識して取りいれてみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です