美肌食材

どんな食材が肌にいいのか、積極的にとるべき食材とメニューを知ることで、肌のトラブルを防ぎましょう。

油分が少ないほうがよいからといって、肉を食べないのは間違いです。肌細胞のもとは、たんぱく質なのです。たんぱく質は、体内で酵素を生成し、取り入れた栄養を運び免疫機能を保つなど、体を動かしたり守ったりするはたらきをします。免疫機能の低下は、肌荒れのもとです。なので、ごはんなどの炭水化物より、肉や魚などのたんぱく質を必ず食べるようにしたほうがよいのです。1100グラムは摂取しましょう。

肌の状態をキープするほかにも、皮膚の内側からアンチエイジングの効果をもたらしてくれる食材もあります。

納豆や大豆には、たるみやシワなどの肌老化を防ぐエストロゲンと同様の作用をもたらしてくれるイソフラボンが含まれているのです。1日の食事のどれかに、納豆やお豆腐を取り入れると、肌老化を防いでくれるかもしれません。

老化を防いでくれるビタミンのひとつ、βカロテンは、ニンジンやピーマン、ブロッコリーやかぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜に含まれています。緑黄色野菜だけを食べ続けるというのも方法の一つではありますが、じゃがいもや、カリフラワー、キャベツ、さつまいも、もやしなどの淡色野菜にも効果はあります。食物繊維は便秘を改善しますし、悪玉コレステロールなどの余分な脂質の吸収を抑えてくれます。両方をバランスよく摂取できたほうが、メニューにも困りませんし、たくさんの野菜を食べられます。緑黄食野菜100グラム、淡色野菜を200グラムで1300グラムを目指しましょう。おひたしや煮物、和えものなどから、簡単に摂取することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です