ひび・あかぎれ

寒い冬になると、手足に小さな亀裂ができることがあります。
これが「ひび」で、皮膚が乾燥してくるとできます。
そして、このひびが悪化して炎症を起こし、さらに亀裂が深くなり、赤く腫れ、ときには出血を伴うこともあるのが「あかぎれ」です。

主な原因としては、気温が下がることにより皮脂の分泌が減り、皮膚の表面が乾燥するため、皮膚を守っている皮脂膜がはがれやすくなり、皮膚が荒れてきます。
特に、水仕事が多いときや、寒い風にさらされたときなどにおきやすくなります。
水仕事では、洗剤による皮膚への刺激やぬれた手が寒風にさらされるなどすると、皮脂膜がはがれ、皮膚からの水分が逃げやすくなり、手が荒れてきます。
また、紙を扱う仕事では、紙が手の皮脂(脂分)を吸いとるため、皮膚が乾燥して荒れてきます。

予防には保湿と保温が大事です。
普段から、皮膚を乾燥させないように心がけましょう
水仕事のときには、ひびやあかぎれの箇所に絆創膏をはったり、液体絆創膏を塗ったり。
そして、なるべくゴム手袋をするようにしましょう。
あまり熱いお湯で洗うのは避け、界面活性剤などの刺激の少ない洗剤を選びましょう
水仕事の後はすみやかに水滴を拭き取り、ハンドクリームを塗ります。
手足に塗るときは、少し油分があるクリームを使います。
そして、指は一本ずつ丁寧に、手の隅々まで塗り込むことにより、皮膚に潤いを与えるとともに、血行をよくする効果もあります。
日中にハンドクリームを塗ることができない方は、夜、寝る前などにハンドクリームを塗り、木綿などの柔らかい、通気性の良い手袋をして休息しましょう。
ただし、暑いときなど、手袋の中が蒸れるようなときは、逆効果にもなるのでやめましょう。

たいしたことがないからと言って、ひびを放っておくと、あかぎれになり、痛みを伴うようになります。
もし、あかぎれをさらに悪化させて、痛みが長びくようでしたら、なるべく早く皮膚科で診断を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です