気になるシミ

いつの間にか、できているシミ。
40代になると、いつの間にか気になってきます。
このシミは、どうしてできるのでしょうか。
一般的に、シミは皮膚の奥にあるメラミン色素が蓄積されて、表面にあらわれてきたものです。
また、シミには老人性のものと、それ以外の炎症性色素沈着、雀卵斑(じゃくらんはん)、肝斑(かんぱん)など、症状や原因によりいくつが種類があります。
そのケアも、それぞれにより違ってきます。

・老人性色素斑
老人性のものは「老人性色素斑」といわれ、若い頃からの肌ダメージによるメラミン色素の蓄積です。
このメラミン色素を蓄積させる原因は、若い頃から繰り返し浴びている紫外線のダメージで、その結果、メラミン色素が蓄積したものです。
つまり、長年浴び続けた紫外線のダメージが、ある年齢になると、肌老化とともに表面から見えるようになるのです。
この老人性色素斑は、日差しを浴びやすい、ほおのあたりができやすい場所です。
そのためには、若いときからのケアが必要です。
日頃のケアは、メラミンの生成を防ぐためのビタミンCを摂取するために、ビタミンC誘導体を含む化粧水を使いましょう。
また、蓄積を防ぐために、皮膚のターンオーバーを活発化させる、ピーリング行うのも良いでしょう。
なお、シミとなってしまった老人性色素斑は、化粧品とかでは治せませんので、皮膚科でシミ消しの治療を行ってください。

・炎症性色素沈着
「炎症性色素沈着」は、ニキビや虫刺され、傷、やけどなどの炎症がおきると、皮膚はその炎症を修復しようとしてメラニンを生成します。
その際、メラニンを過剰に生成してしまうと、メラニンが蓄積されてシミになったりします。
一般的には、そのままにしておいても、正常に皮膚のターンオーバーが行われれば、だんだん目立たなくなってきます。
早めに治したい方は、ピーリングを行って、ターンオーバーを活発化させましょう。
なお、炎症性色素沈着も紫外線は大敵です。
自然治癒が遅れるばかりか、シミが濃くなったりします。
他のシミと同様、紫外線対策はしっかり行いましょう。
ただし、長年沈着したシミは、自然のターンオーバーでは治りませんので、皮膚科での治療が必要となります。

・雀卵斑
「雀卵斑」はそばかすで、鼻のまわりや胸元、首や肩などに小さなシミが散らばるようにできます。
原因は遺伝によるものが多く、いわゆる対策はあまり期待できませんが、他のシミと同じように、紫外線を浴び続けると増えてきたり、濃くなったりしますので、紫外線対策はしっかり行いましょう。
年齢としては、幼少期から思春期にかけて現れ、年齢を重ねると薄くなることもあります。
また、雀卵斑を薄くする効果があるのは飲み薬で、ビタミンCやビタミンE、アミノ酸のL-システインを摂ることにより、メラニンの生成を抑えたり、色素の沈着を抑えることが期待できます。
なお、原因が遺伝的なものなので、日頃のケアによる予防はあまり期待できません。
また、皮膚科での治療も効果的ですが、再発することもあります。

・肝斑
「肝斑」は、左右の目元やほおのあたりにできるモヤッとした形のシミです。
一般のシミはいろいろな箇所にできますが、肝斑はほおのあたりだけにできます。

主な原因は、一般のシミと同じで、紫外線によるダメージの蓄積ですが、他にも、妊娠などのきっかけや精神的なストレスによるホルモンバランスの乱れによりできます。
肝斑には、トラネキサム酸とビタミンCの飲み薬が効果的です。
特に、トラネキサム酸は肝斑に対して効果的な成分です。
それと、美白化粧品も合わせて使うことにより、さらに効果的になります。
なお、服用に当たっては、皮膚科でご相談ください。

シミは、できてしまうとなかなか消せません。
そのために、日頃のケアが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です